写真 新潟のスポット 枝折峠

撮影スポット 感動の滝雲 枝折峠 

投稿日:2016年9月18日 更新日:

Pocket

越後駒ケ岳登山時に出逢った神秘的な絶景に魅せられてしまいました。

この感動を沢山の人に知ってもらいたく記事にしました。

参考になれば嬉しいです。

滝雲とは?

滝雲とは書いて字の如く、山の稜線を越えて雲が滝のように流れ落ち消えていく様を言います。

まさしく上の画像の様な感じですね。

こんな神秘的な景色を見たら感動で時を忘れ見入ってしまいます。

そんな滝雲を間近に見える場所が新潟県の魚沼市にあります。

越後駒ケ岳の登山口にもなっている枝折峠(しおりとうげ)がその場所です。

枝折峠までのアクセスは?

新潟県魚沼市の枝折峠

しおりとうげと読みます。車の方はナビで枝折峠と入力で駐車場まで行けると思います。

小出ICより車で約60分

奥只見シルバーライン経由からと大湯温泉側とがありますが、奥只見シルバーライン経由からを私はお勧めします。

なぜ奥只見シルバーライン経由からをお勧めするかというと、途中で滝雲が見れるからです。

私は大体前日夜に向かい枝折峠で車中泊をするのですが、駐車場に着く前に滝雲が出ているか確認できます。

運が良ければ、滝雲と満開の星空のコラボが撮影出来てしまいます。

ただ、枝折峠までの道中の352号線は車1台位の道幅でくねくね道ですので気をつけて下さい。

夜中行かれる方は、退避場があちこちありますのでライトが見えたら早めに待避場に退避しておきましょう。

枝折峠の駐車場は?トイレは?

枝折峠には登山口近くのトイレがある所に30台ほど

1段下がって脇に10台ほど、大湯温泉側に向かってすぐ10台ほど停められる場所があります。

ハイシーズン時には前日には結構埋まってしまう場合もあり、路上駐車も多くいます。

道路脇の撮影スポットは前夜には埋まってしまうほどです。

駐車禁止エリアに駐車しない!三脚などで通行の妨げにならないよう駐車しましょう。

カメラマンの迷惑駐車が目立ちますので、マナーを守り皆が気持よく絶景が見れるようにしましょうね。

車中泊をするのなら

枝折峠で車中泊をしながら朝を待つのなら

これを持って行きましょう。

  • ヘッデン(ヘッドランプもしくは懐中電灯)
  • シュラフ(寝袋)
  • ホッカイロ
  • フリースやダウンジャケットなど防寒着

9月以降の山奥の夜明かしは、とても冷え込みます。

朝は寒くて目が覚める事も普通です。

寒くて目が覚める位だと5度程度だったり・・・普通にあるあるです。

麓と比べると5~10度くらいの差が出てきます。だから滝雲が発生するのでしょうけどね。

車中泊ではエンジンを切って寝るのがマナーです。

他にも沢山の方が寝ています。静かに夜を明かしましょう。

枝折峠のトイレは電気がつきませんので、ヘッドランプや懐中電灯を持って行きましょう。

滝雲のシーズンは?

条件が揃わなければ発生しない滝雲。条件が揃っても発生しない場合もある難しい滝雲。

季節は秋(気温の落差で雲海が発生し易いと言われています)がもっとも滝雲が発生し易い時期と言われています。

春でもいいかもしれませんが、枝折峠までの道路は5月位まで冬期閉鎖されます。

気温の落差で発生し易いという事は、秋に前日が晴れているor翌日が快晴だと発生し易いという事ですね。

↓ちなみにこの日は、前日はそんなにいいお天気ではありませんでしたが、夜中駐車場へ向かう時にはすでに雲海が出ていましたし星空も出ていたので期待は大でした。

夜の滝雲と星空のコラボも素敵ですね。タイムラプスなどで撮影して動画作成できれば最高の動画が作成されることでしょう。

多分前日が快晴であればもっと綺麗な滝雲が見れたのかもしれませんね。前日や朝方が小雨だったら諦めた方がいいでしょうね。

↓こんな登山道を尾根伝いに歩きます。

滝雲 枝折峠 

滝雲撮影スポットは?どこがいい?

最近(2018年8月現在)撮影スポットの看板が立ったそうです。

また、このようなウォッチングマップがあるようです。

枝折峠 滝雲 撮影MAP

枝折峠の道路から撮影するのもいいかもしれませんが、少しでも高い位置から全景を撮れればこんな素敵な写真が撮れてしまいます。

※ただし、危険も伴いますので自己責任でお願いします。

滝雲 枝折峠

枝折峠トイレ脇の登山道から歩いて10分ほど。整備された道ですので危険は少ないかと思いますが

途中切り落ちた個所もありますので気を付けてください。スニーカーなりきちんとした格好は必須です。

また、あせって暗闇の中ヘッドランプなしで歩くのも危険です。

いくら整備されていても尾根道ですので足を踏み外せば怪我ではすみません。

※危険個所は1か所程度かと思います。切り落ちた個所を通り越してしばらく行くと撮影スポットの高台に到着します。

大明神より先に進んだところにも撮影スポットはありますが、あまりお勧めはしません。

枝折峠 滝雲

時間は日の出前後がいいかと思います。空が白んでヘッドランプがいらないくらいの時間帯がいいかもしれません。

気温が上がれば雲もあがってきますので滝のような風景が見やすくなります。

あまり早い時間だと、雲が滝のように流れないと思います。かといって日が上がり過ぎてもダメ。

9月下旬~10月中旬くらいは5時半前後がいいかと思われます。

空が白んだら出発でいいと思いますがカメラマンが多いと場所がないかもしれませんね。

枝折峠 滝雲

枝折峠 滝雲

※登山道からの撮影スポットを紹介しましたが、危険も伴いますので、枝折峠の道路脇からも圧巻の滝雲が撮影できます。

ムービーも撮ってみました。とにかくこの感動を伝えたい。↓こちらの文字をクリックするとyouTubeに飛びます。

感動の滝雲 新潟 枝折峠

滝雲ツアーもありますよ。

場所もよくわからないし運転も細い山道一人ではちょっと…と言われる方は

シャトルバスで枝折峠駐車場まで1人3000円で連れて行ってくれるツアーがあるようです。

詳しくは魚沼市観光協会HPで確認を

※枝折峠は1台通るのがやっとの道幅です。対向車に気を付けて運転をお願いします。

またカメラマンの路駐が目立ちます。ほかの人の迷惑にならないように停めてください。

おすすめ滝雲記事

枝折峠 神秘的な滝雲 2018.10

神秘的な朝日と滝雲が見れますよ。

枝折峠 神秘的な滝雲 2018.10

このサイトで一番のアクセス数を誇る?滝雲の記事↓ 年に何回かは撮影しに枝折峠に行きますが、上の記事以降なかなかこれといった滝雲には出会えずじまいでした。 条件が揃わなければ発生しない滝雲。条件が揃って ...

続きを見る

梅雨の枝折峠 滝雲もどき?

梅雨の枝折峠 滝雲もどき?

福島からの帰り道、滝雲を見に枝折峠に行ってみました。 枝折峠までの道路は、6月23日(ここへ行く2日前)に冬季交通規制が解除されたばかりなんですね。 福島でいろいろ寄り道して、枝折峠の駐車場に着いたの ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ランキングに参加しています。まずはクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

こちらも毎回クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

関連記事

-写真, 新潟のスポット, 枝折峠
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 山と温泉と写真 , 2019 All Rights Reserved.