温泉 福島の温泉

野地温泉 野地温泉ホテル

Pocket

今回の旅でどうしても寄りたかった温泉 野地温泉ホテルに寄ってみました。

こちらのホテル、道を挟んで登山者駐車場になっているようですね。沢山の登山者の車が停まっていました。

野地温泉脇の登山口からは、鬼面山、箕輪山、安達太良山に登れるようです。いつか登ってみたいな。

野地温泉ホテル正面入り口から右手に日帰り入浴用の入口がある。

登山者駐車場は沢山車が停まっていたけど日帰り入浴客はそんなにいない模様。平日でよかった。

靴を脱いで靴箱に入れ中に入ります。

中に入って左手にあるフロントに料金を支払います。

13時に男女入れ替えのお風呂があるので、そちらを早めにどうぞとの事。

この野地温泉ホテル男女別の浴室各1の他に男女入れ替え制の浴室が3つある。

全部に入りたいのであれば、お昼近くに来て全制覇するのがいいだろう。

昼食もこちらで食べれるようだし、休憩室は座敷でのんびり横になっていられるので、1日のんびりと滞在するのもありかもしれない。

長い廊下の先に休憩室や浴室がある。

浴室は奥にまとまってあるので助かるけど移動にいちいち着替えるのは面倒なので、ワンピースで行き来してた。

これならワンピ1枚着ればいいだけで楽ちん

休憩所には、入れ替え待ちの入浴客が結構な人数休んでいた。

まずは13時で男性タイムになってしまう天狗の湯に入ってみた。

入口の前には男性タイムか女性タイムかの看板が出ている。女性タイムなら女性に電気が付いているのですぐわかる。

スリッパがない♪独泉ですな。( *´艸`)

こちらには鍵付きロッカーはなし、貴重品は男女別(剣の湯、扇の湯)の脱衣所にあるので入れてくるといい。

天狗の湯(内湯)

シャワーカランは7基くらいかな?アメニティもあり

天狗の湯(露天風呂)祠が祭られています。

内湯からそのまま露天風呂に出れる扉あり。

壁を見上げると天狗の面がかざられている。

天狗の湯の左手廊下の左手すぐに男湯剣の湯、その奥に鬼面の湯

廊下を真っ直ぐ突き当りが千寿の湯、手前に女湯扇の湯がある。

天狗の湯以外は男性入浴時間(千寿の湯、鬼面の湯)だったので女湯の扇の湯と露天風呂羽衣の湯に入りました。

またまた貸切( *´艸`)扇形の浴槽だから扇の湯なのでしょうかね?

扇の湯から出て羽衣の湯。青みがかった乳白色が綺麗ですね。

乳白色の硫黄泉て勝手に熱いイメージだったのだけど、こちらの温泉は丁度いい湯加減でしたよ。

だからあちこちの浴場に入れるんだろうな。この日は暑かったので汗かきの私は熱くて滝汗必須で来たのに、そんなに汗も出ず快適でした。

こちらの洗面にはアメニティもついてました。

それでも時間が余ってしまったのでロビーを探検。モモンガのモモちゃんが居ました。残念ながらお寝んね中

まぁモモンガは夜行性でしょうから仕方がないですね。

13時になり、ようやく鬼面の湯と千寿の湯が女性タイムになり、千寿の湯は他の方達が向かわれたので私は鬼面の湯から行くことにした。

ちょっとした階段を上ります。階段登りきったドアの先が脱衣所

ほほう、鬼面山から名前をとったのですね。

この日は暑い日で、床のコンクリや岩が熱くて歩くのもちょっとといった感じ。

日差しも強いので、写真だけ撮らせてもらって烏の行水です。

脱衣所前の高台から撮ってみた。この高台、星空が綺麗に見れそう。

てか、温泉浸かりながら綺麗な星空が見えると思う。この近くの赤湯 好山荘に泊まった時も綺麗な星空だったもの。

いい感じに青みがかって綺麗(*´ェ`*)ポッ

鬼面の湯で烏の行水をした後は千寿の湯へ向かいました。

窓から源泉の噴煙が見れます。

ちょっと座って源泉の噴煙を眺めながら休憩するところかな?

はい、肝心の浴槽。伝統の檜風呂、3つの浴槽はそれぞれ温度が違います。

さて上を見上げると梁の上に何やら怪しいものが(*/∇\*)キャ

おばちゃん達が、ほらほら上を見てごらんなんて喜んでいました。

味わいのある浴槽ですね。左手に見える戸からデッキへ出れますが、源泉の噴煙を見るか外の風にあたりに行くくらいのもの

ムービー撮ってみた。




旅館の日帰りというと、パッと入ってさっさと帰るイメージだけど、ここはいいわ~~~~っ♪

日帰り入浴用のちょっとした座敷もあるし、ゆっくりのんびり出来るのがまたいい。

これだけ入ってゆっくり出来て800円なら十分。ちなみに日帰り温泉クーポン本で500円で入れた♪
宿泊予約はこちら

野地温泉 野地温泉ホテル

住所:福島県土湯温泉町字野地1
TEL: 0242-64-3031
日帰り営業時間:10:30~15:00(土日祝日は~14時)
休日:要確認
料金:800円
源泉名:野地温泉2号
泉質:単純硫黄温泉
源泉温:53.4度 PH:5.85

あてにならない私的お勧め度(ここはお勧め)
総合 ★★★★☆
泉質 ★★★★★
ロケーション ★★★★★

2018年6月時点のデータです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

YOUTUBEチャンネル登録お願いします。m(__)m
↓ ↓ ↓
YOUTUBE

ランキングに参加しています。まずはクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

こちらも毎回クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

関連記事

-温泉, 福島の温泉
-, , , , ,

Copyright© 山と温泉と写真 , 2020 All Rights Reserved.