温泉 福島の温泉

会津西山温泉 旅館中の湯

2018年2月15日

Pocket

会津西山温泉 旅館中の湯に寄ってみました。

会津西山温泉は、只見川の支流・滝谷川沿いの山間の温泉郷です。たくさんの温泉と豊富な湯量が自慢で、8つある源泉すべてに入浴すれば万病も治ると言う言い伝えもあります。その歴史は、古事記の時代まで遡り「神の湯」とも呼ばれる古からの秘湯の里です。
湯宿はそれぞれ違う源泉を持ち、その効能もさまざまで、湯殿の趣も異なるため秘湯の風情を十分に楽しめます。

引用:旅館 中の湯HP

この中の湯、渓流沿いに建っており、中の湯、荒湯、杉の湯の3つの源泉を楽しめる旅館。橋を渡ると秘湯を守る会会員の滝の湯がある。

実は老沢温泉旅館に入りたくて来たのだけど、清掃中との事で時間潰しにこちらに寄ってみた。

玄関を入ると優しそうな女将さんが対応してくれました。

中の湯の日帰り入浴は離れの檜・露天風呂(45分800円)と内湯(500円)とがあり、どちらにしますか?という事だったので、離れの檜・露天風呂をお願いしました。

料金を支払うと、女将さんが離れまで一緒に来てくれ説明してくれます。

立派な別館ですね。

元々は、こちらは混浴なのでしょうか?誰も居ないので貸し切りでいいですよということで、玄関においてある札も「只今、女性入浴中」にしてくれました。

ちなみに貸切は45分

中に入ると、結構広々とした脱衣所。ロッカーはないので貴重品は持ち込まない方がいいですね。

扉を空けると、大きな窓から日が差し込む檜風呂が神々しい。またこの檜風呂が素晴らしいのだ。

シャワーカランは3基、アメニティ有

卵スープの卵のような湯花がぶわっと舞い上がります。硫黄の臭いと卵スープでトロトロ至福の時ですね。

湯花の沢山ついた湯口。触るとトロリンと落ちていく。

檜風呂から露天風呂へ出てみた。10人は入れそうな結構な広さでワイルドな岩風呂です。

こちらは源泉が荒湯だそうで、檜風呂の源泉中の湯とは一味違ったさっぱりしたお湯でしたよ。

荒湯は湯の花がほとんどと言っていい程ないですね。でも雪見風呂もいい感じ。

檜風呂と露天風呂を行ったり来たり堪能させてもらいました。

いや~っ、西山温泉はいい湯ばかりですね。湯めぐり道中手形を使えば良かったなと、こちらに入ってから気付いた。

湯めぐり道中手形とは、この手形を1000円で購入すれば柳津・西山温泉全11軒の中からお好きな3軒に入浴できるというもの。(有効期限半年)

気付いた時には遅かったみたいで、老沢温泉旅館で購入すればいいやと思ったら老沢温泉旅館では販売していないそうで残念。

ちなみに中の湯さんでは販売していましたが、別館入浴は別だそうです。内湯ならOKとの事。

まぁ、また行けばいいわね。好きだわぁ会津西山温泉

ムービー撮ってみた。

会津西山温泉 旅館中の湯

住所:福島県河沼郡柳津町大字砂子原字長窪884
TEL:0241-43-2424
日帰り営業時間:10:00~15:00
休日:年中無休
料金:別館(檜・露天風呂)800円、内湯500円
源泉名:中の湯、荒湯
泉質:含硫黄―ナトリウム―塩化物温泉
源泉温:中の湯98.9度 PH:8.2 荒湯81.8度 PH:8.0

あてにならない私的お勧め度
総合 ★★★☆☆(ちょい高いか?)
泉質 ★★★★★
ロケーション ★★★★☆

2018年2月時点のデータです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

YOUTUBEチャンネル登録お願いします。m(__)m
↓ ↓ ↓
YOUTUBE

ランキングに参加しています。まずはクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

こちらも毎回クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

関連記事

-温泉, 福島の温泉
-, , , , , , ,

Copyright© 山と温泉と写真 , 2020 All Rights Reserved.