岩手の温泉 温泉

鉛温泉 藤三旅館

Pocket

鉛温泉 藤三旅館に立ち寄ってみました。

砂利の駐車場に車を停め、旅館まで歩いて下ります。

先を行くカップルに独泉は諦めて、テンション下がり気味に旅館へ向かう。

手前で降りると湯治部、奥まで行き下りると旅館部なのかな?

どちらでもいいのか?

玄関を入ると真正面に売店、右手に帳場がある。

帳場の人に日帰り入浴を申し出、料金を支払い、先にカップルがいたしダメもとで撮影は大丈夫か確認するも、やはり撮影はご遠慮願いますとの事だったので、浴室画像はHPからお借りする。

昔ながらの湯治場の雰囲気がとても心地よい。

祭事があるので、どうのこうのと説明が有ったが忘れてしまった。

浴場は左手の廊下を行く。

この温泉の神様を祭ってあるところで祭事があるようだ。

そして、よく目にする白猿の湯の窓?あちらこちらに撮影禁止とか覗くな的な貼り紙がしてありました。

藤三旅館といえば、この白猿の湯なしでは語れませんが、先のカップルと先客のおじさんが入っているのか

饒舌なおじさんの話声と、カップルの声がしたので入るのは却下。

おじさん饒舌になるわけですよね、若いお姉ちゃんと混浴できるんですから・・・

画像はHPよりお借りしました。

白猿の湯、混浴なんですね。しかもタオル巻き不可。

画像を見てもらっても分かるように脱衣所も男女分かれているかけでもなく、浴槽もそんなに広くもなくお湯も無色透明。

これに入る女性は、かなりのものですよね。私には無理だわ。

でも日本一深い自噴天然岩風呂入ってみたかったなぁ。いつかリベンジです。

白猿の湯は素通りして、桂の湯に入らせてもらいました。

こちらは貸切状態。

独泉だったけど、撮影不可なのでこちらもHPから画像をお借りして

桂の木の根元から湧出たという鉛温泉の由来から名をつけたお風呂だそう。

脱衣所には鍵付きロッカー、アメニティも完備

大きな窓の向こうは川のせせらぎを聞きながら入れる露天風呂

お湯はというとピリリと熱めで、ほのかに硫化水素臭のちょいとろみ湯

すぐ脇には川が流れれている。こちらも熱め

終始、独泉でき熱めのお湯を堪能させてもらいました。

日帰り入浴専用休憩室

やっぱりこの雰囲気好きだなぁ。

素泊まりも、格安で宿泊できます。今度は泊で訪問したい旅館でした。

宿泊予約はこちら

鉛温泉 藤三旅館

住所:岩手県花巻市鉛字中平75-1
TEL:0198-25-2311
日帰り営業時間:7:00~21:00
日帰り入浴料金:700
源泉名:桂乃湯
泉質:単純温泉、アルカリ性高単純温泉
泉温:57度

あてにならない私的お勧め度(女性には混浴難易度高め)
総合 ★★★☆☆
泉質 ★★★★★
ロケーション ★★★★★

2018年9月現在の情報です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

YOUTUBEチャンネル登録お願いします。m(__)m
↓ ↓ ↓
YOUTUBE

ランキングに参加しています。まずはクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

こちらも毎回クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

関連記事

-岩手の温泉, 温泉
-, , , , , , ,

Copyright© 山と温泉と写真 , 2020 All Rights Reserved.